PROFILE

会社沿革 COMPANY HISTORY

大広関西の沿革

当社は、株式会社大広の100%出資地域会社である「株式会社近畿広告社(本社:大阪)」、「株式会社大広京都(本社:京都)」、「株式会社神戸(本社:神戸)」の3社が、関西地域での事業体制を強化し、地域社会・文化に密着した経営体とすることを目的に、平成20年4月1日で合併、株式会社近畿広告社を存続会社とし、社名を「株式会社大広関西」に変更しました。

親会社である株式会社大広は、昭和19年2月28日、広告業として長い歴史を持っていた「株式会社京華社(明治28年創業)」、「株式会社金水堂(明治26年創業)」など14社が統合し、「近畿広告株式会社」として設立。その後、昭和35年11月1日に社名を「株式会社大広」に改称して今日に至っております。

近畿広告社・大広京都・大広神戸の沿革

株式会社近畿広告社は、株式会社大広より新聞案内広告部門の業務を移譲分離独立して、昭和35年8月1日に設立。その後、昭和59年8月1日に社名を「株式会社近畿広告社」に改称すると共に、総合広告会社に変革しました。

株式会社大広京都は、平成8年2月29日に設立(開業は平成8年4月1日)。京都・滋賀エリアでの事業体制を強化した総合広告会社として、株式会社大広より分離独立しました。

株式会社大広神戸は、平成8年2月29日に設立(開業は平成8年4月1日)。神戸・姫路など兵庫県エリアを中心に活動する総合広告会社として、株式会社大広より分離独立しました。